MEO対策とは?どんなメリットがあるのか

MEOとは

MEO対策が必要だと言われても、どんな対策のことなのかいまいち分からない方もいるのではないでしょうか。
しかし、それでは集客やCVに繋げることが出来ません。
MEO対策が必要な理由や、対策を行うことでどんなメリットがあるのかを知っておくことで、より効果を高めることが可能になります。

MEOは、正式名称を『MAP Engine Optimization』と言います。
日本語で『マップエンジンの最適化』の意味です。
マップアプリは各社様々なものが存在しますが、MEO対策で言う『マップ』は基本的には『Googleマップ』のことを指しており、検索した時にGoogleマップ上での検索順位を上げるための施策のことをMEO対策と呼んでいます。

Googleは地域名での検索結果を優先している

MEOの対策が重要視され始めたのは、Googleが地域名での検索結果を優先する傾向が強くなったことも関係しています。
例えば、大阪で「ラーメン おすすめ」と検索すれば大阪で評価の高いお店が表示される仕組みです。
また、地域名が入った検索ではほぼ確実にGoogleマップ上での検索結果も上位に表示されています。

その結果、これまでは検索結果として出てくる日本全国のラーメン店と順位争いをする必要があったラーメン店も、地域が限定されることで上位表示の可能性も上がりました。
だからこそ、Googleマップ上での検索順位を上げる対策を行うことは、より重要視されているんですね。

MEO対策をするメリット

以下がMEO対策を行う主なメリットとなります。

上位3位以内に入れれば検索結果に表示される

上述したように、MEOで上位3位以内に入ることが、Googleの検索結果に表示されます。

検索結果に表示されていれば、ユーザーはわざわざ地図タブやマップアプリを開く必要がありませんから、当然、店舗がユーザーの目に触れる機会は大幅に増加します。
キーワードによっては、自然検索結果(通常のWebサイトの検索結果)よりも上位にマップが表示されるため、集客効果ではSEOで上位表示された時よりも大きくなることも多いです。

マップから直接アクションできる

さらに、ユーザーがマップから直接アクション出来ることも大きなメリットです。
具体的には以下のようなアクションが可能です。

  • 店舗に電話をかける
  • 経路を検索する
  • Webサイトにアクセスする

どのアクションも、来店や問い合わせに近いユーザーが行うアクションですから、売り上げに直接貢献することになります。また、これらの数値は『Googleマイビジネス』上の『インサイト』画面で確認することも出来ます。

ユーザーからの信頼を得られる

MEOで上位に表示されている店舗はユーザーからの信頼感も高くなります。

自分が何らかの情報をGoogleで検索したり、ポータルサイト等でお店を探す時を思い浮かべてみるとわかりやすいかと思いますが、上位に表示されたサイトやお店から順番に見ていきますよね。
ユーザーは無意識にGoogleやポータルサイトの格付けを信頼しているため、上位表示されれば、間接的にユーザーからの信頼を得られるということですね。

間違った情報の登録を防ぐ

MEO対策では、「Googleマイビジネス」と呼ばれるサービスを使って行います。
Googleマイビジネスでオーナー確認が取れていないビジネスは、第三者が情報を編集したり、勝手に登録したり出来てしまいます。
簡単に例えると、ウィキペディアのような状態です。

その為、もし第三者が誤った住所や電話番号を登録してしまったりすれば、お店に来店する人の数にも直接影響を及ぼします。
Googleマイビジネスを活用しておくことは、このようなデメリットを防ぐと言う点でもメリットがあります。

MEO対策で行うこととは

主に以下のことを行います。

Googleマイビジネスの最適化

先ほど少し紹介しましたが、GoogleマイビジネスとはGoogleが提供しているビジネス向けのサービスのことです。
このサービスをうまく活用することで、Googleマップでの上位表示に繋げることが可能になります。
まだ登録していない場合、いますぐに登録しましょう。
Googleマイビジネスに登録しなければ、多くのユーザーがお店の名前を知る機会を失ってしまいます。

Googleマイビジネスの最適化で行うのは、「情報の追加」、「キーワードの調整」と「画像の追加」です。
さらに詳しく見ていきましょう。

情報の追加

行う対策は、主に情報の追加です。
基本的なことで言うと、「住所」「電話番号」「サービス名」や「お店のURL」などです。
当然ではありますが、これらの基本的な情報が分からないとユーザーはお店を選択することも出来ません。

せっかくGoogleマイビジネスに登録しているのに、電話番号やお店のURLなどを登録し忘れていたら勿体ないです。
また、Googleマイビジネスを詳細に登録しておくことで、実際にユーザーが来てくれる可能性も上がります。

キーワードを使う

Googleマイビジネスでは、キーワードを使ってお店の紹介文を登録することも可能です。
例えば、「ラーメン 大阪」でMEO対策をしようと思っている場合、紹介文の中に「ラーメン」や「大阪」を入れて記載した方が、より上位表示を狙うことが出来ます。
無理やり入れるのは勿論NGですが、なるべく自然に紹介文に入れておくことは重要な対策です。

写真を追加する

お店や料理の写真を追加することもできます。
お店の外観から店内の様子、料理や料理長の方の写真などをなるべく追加していきましょう。

もし自分が美味しいお店を探す際、写真が一枚もないお店と、店内の写真や実際の料理の写真がしっかり載っているお店だったら、どちらが行きたいと思うでしょうか。
やはり、写真があるお店の方が味やお店の雰囲気のイメージもつきやすいですし、行ってみたいと思いますよね。
このようなユーザビリティーの観点でも画像は大切ですが、Googleはユーザーが欲しいと感じている情報を載せているサイトを高評価する傾向があります。
画像を載せておくことは、MEO対策をする上でもポイントです。

360度写真を登録する

360度写真は、通常の写真以上にユーザーにお店の実際の様子を伝えることのできる方法です。
「360度写真を撮影するのは難しそう……」と思われるかもしれませんが、Google Playから「Googleストリートビュー」アプリが頒布されています。
こちらを利用すれば、簡単に360度写真を撮影することができます。

お店の外観に関しては、Googleストリートビューの写真が自動で表示されることが多いですが、自分で設定することも可能です。360度写真でお店の周囲の様子がわかれば、お店の場所がわからないというユーザーはいなくなるでしょう。

店内についても、自分で撮影した360度写真を投稿することができます。
お店の間取りや個室の広さ、雰囲気など、通常の写真ではわかりづらい部分もはっきりわかります。

撮影のコツは嘘をつかないこと。出来るだけ、お店を綺麗に見せたり、光の当たり方や画質を良くするのは問題ありませんが、ユーザーを騙すような撮影方法はNGです。
その写真を見たユーザーが来店して、嘘だと感じれば悪い口コミを書かれる可能性もあります。ユーザーに対して誠実な写真を撮影しましょう。

口コミの強化

ユーザーは、来店前に他のユーザーにどんな評価をされているお店なのか調べておきたい人が多いです。
そのため、口コミはお店の評価で重要なポイントとなります。

ただし、良い口コミが欲しいからといって、やらせになってしまうのはよくありません。
ユーザーが欲しい情報を追加することで、来店数を増やして口コミを書いてもらえるような関係性を作りましょう。

良い口コミが多いほどGoogleの評価に繋がりやすい

来店してもらったユーザーに良い口コミを書いてもらえるようになると、Googleからの評価にも繋がりやすくなります。
Googleはユーザーが満足するお店を上位に表示させようと日々アルゴリズムを更新しているからです。

残念ながら、ちょっと美味しいだけであったり、雰囲気が良いだけのお店なら、口コミを書こうとまではなかなか思ってもらえません。
しかしその分、口コミを書きたいと思えるほどのお店はきっと味やサービスや商品が素晴らしいものですし、口コミを見た他のユーザーが行きたいと思ってもらえる可能性も上がります。

Googleはそのような状態を理解した上で、良い口コミが多いお店の評価をアップさせている傾向があります。

口コミをくれたユーザーに返信する

口コミを促進する方法の一つとして、口コミをくれたユーザーに返信するというものがあります。
高評価の口コミには感謝を伝えたり、低評価の口コミにはお詫びと改善する旨を伝えるなど、ユーザーとコミュニケーションを取ることができます。

MEO対策の効果としては口コミの評価や数ほど重要ではないものの、1つ1つの口コミにきちんと反応しているお店にはユーザーも口コミを書きたがるので、ぜひ返信をしていきましょう。

MEOツールPC管理画面MEOツールスマホ管理画面
Googleマップの順位を自動でチェック!
アイコンまずは2週間無料体験